KSCEが対象としているのは、不登校・ひきこもり・中退の経験がある若者や対人関係での悩みを抱えている若者たちです。その若者たちが、

『人として生きていくための勇気と自信』を培い、社会的自立に向かう

ことを支援するためにKSCEは設立されました。サポートに関しては、

元気・思いやり・感謝の心

を三原則として、援助・協力することを心がけています。

社会で活動していくにはある程度の元気が必要です。余裕が出てきてこそ、思いやりや感謝の心が育まれていくと思います。KSCEにて、社会で自立して生活していける力や心を養っていただきたいと思います。