KSCE所長から事業紹介

DSC07008
特定非営利活動法人京都教育サポートセンター事業所長の南山勝宣(みなみやま かつのり)と申します。京都教育サポートセンターは前身が大検予備校(現在の高校卒業程度認定試験)だったので勉強もしっかりすることができるフリースクールです。

対象としているのは小学校5年生から30歳くらいまでの方で、学校に行ってなかったり、休みがちだったり、(社会的)ひきこもり状態または過去にひきこもり状態だったり、対人関係が苦手で人と関わることを学んでみたい方々をサポートする活動をしています。

学習面では、個別指導で基礎の学習から高卒認定試験受験・大学受験までをサポートします。また、レクリエーションなどによって社会において大事な人間関係や社会との関わりを学んでいく場を設けています。通えない状況ならまずはスタッフを派遣して関係作りから始めることもしています。

スタッフはほぼボランティアスタッフで構成されており、20代から40代までのスタッフが当所の活動を手伝っています。人との関わりはまず出会い、そしてその出会いはご縁の1つだと思います。もし興味がありましたら、一度見学にお越しください。心よりお待ちしています。

代表プロフィール

南山勝宣 (みなみやま かつのり)
特定非営利活動法人京都教育サポートセンター 事業所長
兼 個別教育予備校MES 代表

  • 1973年(昭和48年)7月 兵庫県神戸市出身
  • 兵庫県立神戸高等学校 卒
  • 国立京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科 卒
  • 大学卒業後、大手塾の個別指導に従事し、1999年に京都教育サポートセンターの前身である
  • 個別教育予備校GIPに入社
  • 2002年3月にNPO法人の認証を受け、特定非営利活動法人京都教育サポートセンターとして活動を開始し、初代理事長に就任
  • 理事長を退任後も事業所長として現場運営を行って現在に至る

個人ブログもしていますので、見ていただければこんな人がスタッフをしているのだと分かると思います。NPO法人としてのお仕事や、コンビニでのお仕事の様子をざっくばらんに書き込んでいます。