高卒認定試験を受験される方へ

高校に入学していない方や高校を中退した方が大学や専門学校、公務員試験や各種資格試験を受験するときに、高校卒業程度認定試験(以下、高卒認定試験)に合格している必要があります。この試験は、高校に入学していない方や中退した方はもちろんのこと、全日制高校に在籍している方でも受験できますので、高校の中退をお考えの方は高卒認定試験を合格してから退学してもよいのではないでしょうか。

この高卒認定試験は

  1. 年間2回(8月と11月)実施される
  2. 文部科学省が行う公的資格試験であるが、「高校卒業」にはならない
  3. 全部で8科目を合格しなければならない
  4. 高校1年生または2年生まで終了していて単位を取得していれば受験を免除される科目がある
  5. 一度、合格した科目は次回以降受験する必要はない
  6. 高校の教科書レベルの内容で試験のレベルは易しい
  7. 全日制高校在籍生でも受験できる

などの特徴があります。

高卒認定試験に向けての勉強

当所の学習指導は個別指導(文系は1対2まで、理系は1対3まで)にて行っております。本人様の学習状況を踏まえて、合格へ向けたカリキュラム作成をし、実施していきます。ただし、学習していくうちに本人様の状況(体力気力等)も変化することも多いでしょうから、そのたびに相談し、修正しながら合格へ向けて歩もうと考えております。

たいていの方は高卒認定試験合格が目標ではなく、その後に向けた土台になることが多いのではないでしょうか?高認の学習を通してその先に向けた継続した学習習慣、学習意欲、社会に向けた自信をつけていくことも京都教育サポートセンターは考えてサポートをさせていただきます。