ことばのがくしゅう募集サイト

対象

 発達障害の診断がある、または発達障害の可能性のある主に小学校3年生くらいまで(4年生以上でも学習状態で3年生までの内容が必要であれば受け入れ可能です)

講座内容

発達障害のお子様のことばの学習をパソコンを用いて行います。学習内容はことばを「文字」「音声」「イメージ」の3点を脳内で連動させるようにしてことばを学習していくというものです。このプログラムは京都大学霊鳥類研究所の正高信男教授監修で京大こころの未来研究センターで実施されているもの(応募者多数のため受講側の希望通りの実施回数が確保できないので)を有料ではあるものの民間で実施していくというものです。受講のお子様1名に対してスタッフ1名を担当させ、プログラム実施のサポートやプログラム前後のコミュニケーションやフィードバックの時間を総合的にサポートいたします。1講座は50分です。

実施日

祝日・振替休日を除く月曜日(火曜日~土曜日でも受け入れ可能です(併設団体個別教育予備校MESとして実施))

  • 1講座目 15:25~16:15
  • 2講座目 16:25~17:15
  • 3講座目 17:25~18:15
  • 4講座目 18:25~19:15
  • 火曜日から土曜日で受け入れ可能な個別教育予備校MESでは時間帯が異なります(講座時間も1回60分になります)。詳細はお問い合わせください。

講座1回の内容(おおよその目安・合間に適宜休憩)

1.スタッフとあいさつ

2.実施する内容の説明を含めたスタッフとのコミュニケーション(5分)

3.PCを用いてのプログラムで学習を受講(10~15分)

4.教材やプリントを用いての学習(受講する生徒の状況を考慮して個別のカリキュラムを作成し、実施(筆記学習・音読練習・文を読み情景イメージ練習他))(10~15分)

5.コミュニケーションを取りながら、その日実施した内容のフィードバックと次回に向けた話(スタッフと利用生、必要に応じて保護者(同伴時))(10~15分)

6.スタッフと挨拶をして終了(総計50分を目安)

費用

システム利用登録料(初回のみ)   5,000円(体験後の継続する場合に必要となります)

受講料 1回につき              3,780円(初回体験は1500円にて実施いたします)

受講料は1ヶ月の実施回数分を次月上旬に請求し、振込みまたは持参にてお支払いただきます。システム利用登録料は初回実施後から2回目実施の間に振込みまたは持参にてお支払いただきます。

火曜日から土曜日で受け入れ可能な個別教育予備校MESでは費用が異なります。詳細はお問い合わせください

ことばのがくしゅう関連写真
ことばのがくしゅう写真1
ことばのがくしゅう写真2